日本人男性からの夜のお誘い①

カトマンズに帰ってきて、トレッキング疲れもあるので、延泊しようと宿のレセプションに降りると、アジア人らしき男性と目があいました。

私の手に合ったパスポートをみると、(この宿では延泊する際にパスポートを確認する)

『あ、日本の方ですか?』

と声をかけられました。

 

少し立ち話をしたあと、近くで昼食をともにとることに。

 

いきなりの誘い

 

男性は、歳のころは同じくらい。アジアやヨーロッパを周遊してネパールにきたらしい。

 

『○○ならタイからの飛行機安いですよ』

『インドなら○○がお勧めです!』

『○○はサーファーの間で有名!』

 

とにかくよく喋る人でした。話半分くらいで聞いていると、

 

『ところで、』

 

 

 

 

男 『彼氏はいる?』

 

かずのこ 『いや、いないですよ』

 

男 『へぇ~、どれくらいいないの?』

 

かずのこ 『う~ん、4年くらい』

 

男 『じゃ、夜のほうもごぶさたなの?』

 

 

・・・・え??????????

 

なんなの、この人。そんなこといきなり聞く??

 

かずのこ 『まぁ、あったりなかったりで』

(いやね、彼氏がいなくても、実際はね、ほら、いろいろありますよ 笑 )

 

 

男 『じゃ、今晩どう?おれ、今そういうの求めてるんだけど』

 

え??????????????

 

なんなんですか。

初対面ですよ。

なんなら1時間くらい前に会ったばっかりですよ。

ふつうこういうのって、何回か会って、雰囲気のいいバーにいって、なんとなくそういう空気になって・・・・みたい感じじゃないんですかね?!

 

いや、失礼でしょ。

 

男性から、口説かれるのって、もちろん、嬉しいことですよ。

ちゃんと女性として見られてるんだな~って。(人にもよりますが)

しかし、その方法にもよりますよね。

 

この場合、あまりにもデリカシーがなさすぎる。

まあ、ある意味まわりくどくなく、ストレートなんですが。

女性としては、『お酒に酔っちゃった』とか『終電なくなっちゃた』とかの何かしらの理由付け(言い訳)があったほうが、そういう関係になりやすいんですよね。

好きではない人と行為をもってしまった場合、気持ちと体が矛盾した状態になっているんですよ。

 

男性に比べ女性のほうが行為を持ったあとに、好きになってしまう、好意を持ってしまう確率って高いと思うんですが(うまい)、それって、気持ちと体の矛盾に対して、気持ちも合わせようとしている、ただそれだけのことなんですよね。

 

行為をもってしまった but  好きではない人 =体と心の矛盾

行為をもってしまった and   好きな人 =矛盾なし

 

心が矛盾のないように合わせようとしているだけ。

 

少しそれましたが、その矛盾に対して、理由付けがあると、少し矛盾が和らぐんですよね。酔っぱらっちゃったから、とか、終電逃してしまったからしょうがないか・・・とか。

 

まあ、いいたいのはこの場合、全然そんな気にはならないよね、ってことです。

 

かずのこ 『え?』

男 『いや、だから今晩、おれと○ッチしない?』

かずのこ 『いや、さすがにちょと、ごめん無理』

男 『そっか、じゃまたそういう気分になったらね』

 

なんなんでしょう。最初からそういう目的で声をかけてきたんですかね。

旅先だし、二度と会うこともないから、ストレートに言ってもいいや、っていう気持ちなんでしょうか。

 

昼食を済ませ、そのまま別れました・・

 

が、しかし・・・・・

 

つづく・・・
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Share

“日本人男性からの夜のお誘い①” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です