【ネパール】(恋愛)J君との出会い

Jくんとはポカラのとあるカフェで出会いました。

Jくんとの出会い

 

カフェに入ろうとすると、入口付近で英語で流暢に電話をしている男性がいました。
一瞬東洋人に見えましたが、英語がネイティブだったので日本人じゃないだろう、となんとなく思ったのを覚えています。

 

注文を終え、食事が来るまで、宿で借りてきた地球の歩き方を広げていると、電話を終え戻ってきたその男性から声をかけられました。

 

『あの~、すみません。それ、もしよければ、少し見せてもらえないでしょうか』

 

まさか日本語で話しかけられるとは思っていなかった私は、少し戸惑いながら返事をしました。

 

『え、あ、はい。このガイドブックですか?』

 

『あ、そうです。ありがとうございます。今日着いたばかりで、全然ポカラのことわからなくって』

 

『もし、よければ、席こっちに移ってもいいですか?』

 

そういって、同じテーブルの私の真向かいに座ったJ君。

 

その人との距離感に少し驚いたものの(私は人見知りなので、こんなふうに自分から声をかけられない)、それから、その店を出るまで、色々な話をしました。

 

 

J君は中国と日本のハーフで、現在はアメリカに住んでおり、インド、ネパール旅行の途中だということ。
(だから、やけに英語が流暢だったんですね)

 

J君の経歴が面白く、話はつきません。

 

 

そして、偶然にも同じ宿に宿泊していました。
(バスターミナルから適当な客引きに紹介された宿)

 

 

『もし、あいていたら、夜、宿で少し飲みませんか』

今まで会ったことのないタイプのJ君に単純に興味をもった私は、返事をしました。

 

『ぜひ』

 

 

しかし、食事を終え、一旦別れた後に気付きました。

時間も待ちあわせ場所も決めてなかったのです。

 

 

同じ宿だし、会えるかな、と、ポカラの街を散策し、宿に戻ると、なんと私の隣の部屋からJくんが出てきました。

 

 

びっくりしていると、

『あ~、会えてよかった。あのあと、時間もなんにも聞いてなかったと思って焦っちゃった。本当にごめんなさい。』

 

謝らなくてもいいのに。聞かなかったのは私も同じなのになぁ。

 

J君の誠実な態度に、好感を持ちました。

 

いえいえ、私の部屋、その隣なんですよ、と偶然ですね~って会話をしたあと、一緒に、近くの売店に、買い出しにいきました。

 

 

 

テラスで二人きりで乾杯

 

 

宿のテラスからは満月に近い月が綺麗にみえ、それはとても、いい雰囲気でした。
そして、私も飲みますが、J君も結構なお酒好きなようでした。

 

話も、面白いし、聞き上手なもんだから、ついお酒が、進みます。

 

私、お酒大好きなんですが、海外って緊張してるせいか、泥酔までいかないんですよね。
いつも泥酔より先に頭痛が来るのでセーブされるというか。

危機管理ができている身体ですね (笑)

 

あ~、もう飲めないな、ってところで、ふと時計をみると、深夜2時を過ぎていました。

 

実は飲みながら、冷静な頭で、もし部屋に誘われたらどうしよう、とすこーし考えていました。

 

が、そんなことは一切なく、『おやすみ』と言って、なんの約束もせず、お互いの部屋に戻りました。

 

よくある旅先の出会いのひとつですね。

 

宿が一緒の旅行者とちょっとお酒を飲むっていう。

 

 

そう思っていました。

まさかこのあと、J君が私の今後のルートを大きく狂わすことになるとは思いもしませんでした。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

Share

“【ネパール】(恋愛)J君との出会い” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です