【ネパール】(恋愛)J君との初デート

続きです。

【ネパール】(恋愛)J君との出会い

しこたま飲んだ翌日

 

お昼前に目が覚めたものの、ベッドのなかでうつらうつらしていました。

 

とんとんとん

 

聞こえるか聞こえないかくらいの音でドアをノックする音が聞こえました。

 

ん?私の部屋?

 

 

おそるおそるドアを開けてみると、

 

 

『おはよう。起きてた?大丈夫?』

 

そこにはきちんと支度をしたJ君がいました。

 

『おはようございます。もう起きてました。』

 

『あのさ、え~っと、、、、、、今日何してるの?・・・*#%#』(超小声)

 

『はい?なんていいました?』

 

 

『いや、もし、空いてたらさ、その・・・・・・・・』

 

 

『ん???』

 

 

 

『え~っと、あのさ…

 

 

 

今日一日僕とデートしてくれませんか?』

 

 

 

 

えっ、昨日、そんな雰囲気、微塵も出さなかったのに、デート

そして、それを言うのにこんなモジモジする????

J君が可愛らしくみえました。

 

 

私も少し年上のJ君、そして結構女慣れしているな、という印象を持っていたんですが(スムーズにお酒誘うところとか、距離感とか)、デートに誘うのにこんなモジモジするなんて意外でしかありませんでした。

 

 

少し、面食らってしまったものの、『え、どこにですか??』と聞くと

 

『山のほうどうかな。

ほら、まだ行ってないって言ってたでしょ?サランコット。』

 

あ、そいえば、そんなこと話したなぁ。覚えていたんだ。

 

 

※サランコットはポカラから歩いていける、1592mの丘です。

プチトレッキング気分が味わえるし、見晴らしも良いです。

 

 

『あ。そこ行きたかったんです。じゃ、支度するんで、ちょっと待っててください』

 

どうせ、行くなら、ひとりで行くよりも安心だしね。

 

そうして、私とJ君は、デートすることになりました。

 

 

気付いたこと

 

実は私、この1日を過ごすまで、J君に好印象はもっていたものの、まさか恋するなんて、思ってなかったんです。
端的にいうと、顔があんまりタイプじゃなかったし、カトマンズの件もありましたしね。

色々と消極的になっていました。(笑)

日本人男性からの夜のお誘い①

 

 

しかし

このJ君。

 

 

女の子をドキドキさせる訓練でも受けているかのようなんです。

 

 

『なんでさっきあんなにもごもごしてたんですか?』

 

 

『いやさ、オレ、実際、今まで自分から女の子をデートに誘うってなかったんだよね。でも、かずのことはデートが良くてさ。』

 

きゅん

 

『本当はすぐポカラ出ようかと思って、チケットとってたんだけど、捨てちゃった。

かずのこのこと気になって。』

 

きゅんきゅん

 

お店の人との、何気ない会話で、私のことをガールフレンドと言っていて、

 

『ごめん。さっき、ついガールフレンドとか言っちゃった。嬉しくて。』

 

きゅんきゅんきゅん

 

 

 

山に登って、息が上がってドキドキしているのか、J君にドキドキさせられているのかわかりません。

 

 

山頂に着く頃には、自然と私達は手を繋いでいました。

 

 

この頃には、私も、J君のことがだいぶ、気になっていました。

 

 

そして夜

 

 

今日は宿のバルコニーではなく、自然に、私の部屋でお酒を飲むことに。

 

そして

 

 

『今日、くっついて寝たい』

 

 

『私も』

 

 

1日一緒に過ごし、私の中には小さな恋心が芽生えていました。

 

 

そして、電気を消し、私の中にチェックイン。

 

 

 

しかし、問題があったのです。

 

 

つづく・・・

 

 

応援宜しくお願いします♥

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Share

“【ネパール】(恋愛)J君との初デート” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です