【カザフスタン】モスクと男子高生。

アスタナからシムケントへ。

私は、極度な面倒くさがりで、移動なんてそんな好きじゃないです。

腰も痛いし。

 

 

けど、列車のなかで現地のおじさんやおばさんに可愛がられたりすると、

あ~、出会いっていいな、とか思ったり、

窓の外を見て旅情緒を感じ物思いにふけったりすると、

この列車にのって良かったと思うものです。

飛行機で楽しないでよかったって。

 

面倒くさがっちゃいけないですね。何事も。

 

ただ、町について、宿に着くまでの行程は何回しても、慣れません。

宿あいているかな、いや、そもそも宿まで辿りつけるのか、と不安で堪りません。

(迷うことはあっても大抵辿りつけるんですが・・・・)

なんでバックパッカーやってるんでしょう。たぶんM気質なんだと思います。

 

 

 

行くかどうか迷っていた、シムケントという町に行くことにしました。

カザフスタン、アルマティとアスタナしか見てないし、もう一都市いっときたいなってのと、シムケントから東トルキスタンへに行ってみたかったんです。

西トルキスタン(ウイグル)も行ったし、なんか響き的に。

 

シムケントからマルシュで2時間、コジャ・アフメド・ヤサウィ廟に行ってきました。

巨大なモスクです。

周辺は綺麗に整備されていて、結婚式もやっていました。

 

 

キルギス、カザフって、モスクもあるけど、ロシア正教会もあるし、ここまでこんな大きなモスクに入るのは初めてでした。

 

タイルがかわい。

 

ぐるぐる見て回っていると、高校生くらいの男の子が5~6人が、きゃいのきゃいのはしゃいでいました。

 

その横を通りすぎようとすると、そのうちの一人が話しかけてきました。

『ハロー』

それだけいうとまた元のグループのところに戻り、再びやってくると、

『フォト オーケー?』

 

 

なにやら一緒に写真を撮りたいらしい。

ゲーム?で誰が話しかけるか決めていた様子。

 

って中学生か!!!

 

写真を撮ると、『サンキュー』といって、颯爽と去って行きました。

 

あっさりしてんな!!

 

 

 

この辺の男の人って、だいたい同じ顔に見える・・・

 

さすがに結婚式は違うけど、服装もだいたいジーンズ、黒い革ジャンみたいな同じ格好だし。

ZARAとかH&M行っても、メンズは暗い色の服が多いから、世界的に見てもそーなのかな。

 

まあ。いいや。

 

朝も早かったし、周辺を散策して、帰ってホテルで寝ました。

 

次はいよいよウズベキスタンへ向かいます。

 

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です