【ウズベキスタン】友達以上恋人未満の男との旅開始。

ウズベキスタンはタシケント→サマルカンド→ヒヴァと移動しました。

ビザは30日間で指定していたものの、

ウズベキスタンからカザフスタンに戻り、そしてアゼルバイジャンへ行くと考えていた私は、思いのほかキルギスでゆっくりしすぎたせいか、他国のビザに余裕がなくなってきていました。

http://www.kz.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

てか・・・・今年(2017年)からビザ免除だし・・・・

タイミング良くなかったですね(笑)

 

Dさんとの待ち合わせ

サマルカンドでは、キルギスでいい感じになったDさんと待ち合わせをしていました。

【キルギス】酔っぱらった後いい感じになる定番の流れ。

 

先に宿に着いている、Dさんに私が合流する形に・・・・


(サマルカンドの宿:バハディール)

 

感動の再会と思いきや、サマルカンドに到着するや否や、頭が激痛。

 

ふらふらする。

 

 

なにこれ。

 

 

 

熱38℃

 

風邪じゃん。

 

 

 

 

Dさんの一言。

 

 

『何、体調くずしてんの。観光できねーじゃん』

 

 

 

は????

 

 

なにそれ。

 

 

くたくたで熱だしてんすよ。

自己中か。

 

気遣いの一言もないんですか。

 

 

『いいですよ。ひとりで観光してきてください。』

 

 

『やだよ。さみしーじゃん』

 

 

 

ツンデレか!!!!

 

ちょっとかわいいし。

 

薬を飲み、少し熱の下がったところで、レギスタン広場へ。

 

サマルカンドって、イメージ的に古きよき、中央アジアみたいなイメージしてたんですよね。

 

意外だったのが、思いのほか、レギスタン広場周辺は整備されているっていうこと。

 

なんか、ちょっと興ざめしました。

 

『感動した!』みたいな投稿をフェイスブックで見てたから、期待が過度になりすぎたのかもしれません。

 

あ、こんなもんか、って感じだったんです。

風邪ひいてたし、早く帰りたいってのもあったかもしれません。

 

 

ウーーーン。

 

日が暮れ、夜になってライトアップもされていたんですが・・・・

なんかセンスない、中国っぽい派手派手なライトアップ・・・。

 

 

 

 

翌日は、一日、宿から出ず、ぐったりしていました。

 

『なんだよ。せっかく一緒に色々みようと思ったのに。』

 

 

Dさんは残念そうな顔をしていました(嬉しい)

 

 

『てか、ビザも期間少ないんだからさ~、他の都市もみたいのにさー、風邪ひいてちゃ全然ウズベク回れないし』

 

 

 

は???

 

 

『は??????(あ、心の声が出てしまった・・・)

別に一緒に回ろうなんて言ってないですよね。

てか、先に行ってもらって全然いいです。私、きついし。

ビザもったいないんで一人で色々まわってください。』

 

体調きついし、そんなことを言われて、頭に来て、きつめに言い放ってしまいました。

 

 

 

 

『いや、せっかくだし、一緒にいたいじゃん』

 

 

 

ツンデレか!!!!!

 

 

 

私が一日休んでいる間に、Dさんは、町歩きしがてら、次のヒヴァへのチケットを私の分も一緒に買ってきてくれました。

(まぁ、頼んだんですけど)

 

 

こんな感じで、Dさんとの珍道中が始まりました。

 

 

ちなみに、このバハディールって宿、レギスタン広場からも近いし、朝食美味しいし、情報ノートもあるし、結構良かったです。

 

 

情報ノート、結構好きなんです。

 

今、ブログとかで情報収集するのが主流になってきてますが、手書きのノートは古い情報がもちろん多いですけど、面白いですよね。

 

あ、絶対、この人、めっちゃクセあるよな、とか、『○○~ここまで、○○キロを歩いてきました』とか旅自慢入っている人とか、『旅人○○○より』とか、ちょっと悦に入ってる感じの人とか、見てて楽しいです。(笑)

 

細かなローカルの情報、『○○の角を曲がったところのアイスクリーム屋はめっちゃ美味しいです!』に加え、『店員の○○は、すごいいいヤツなんで是非絡んでください(笑)』みたいな。

 

知らんがな、ってツッコミを入れたくなりますが、そのアイスクリーム屋に行きたくなっちゃって、見つけたときはちょっと嬉しかったりするんですよね。

 

 

大切にしたい文化ですね。

ほんと10年くらい前は、Wifiなんてあんまりなくって、こういう情報ノート飛びついてみてたよな。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です